脱サラ40歳女!不動産開業ブログ

看護師、子育て、うつ発症、過去の経験や毎日の思いを発信中★不動産会社開業、必ず!

いつもブログを読んでくださる皆様本当にありがとうございます。 感謝の気持ちでいっぱいです。お返しができず大変申し訳ございません。特に何も発信していませんが、Twitterもしております。フォローしていただけると嬉しいです。

毛ガニと戦う

お正月

実家から冷凍の毛ガニが届きました。

 

「もう茹でているよ。蒸して食べると美味しいよ」

そう手紙に書かれていました。

 

これまで毛ガニを買ったことも

目の前で見たこともなく

蒸し器もなし。

恥ずかしながらとても困りました。

 

リアルな毛ガニ

初めて毛ガニを目にした我が子。

早速毛ガニに話しかけていました。

 

「毛ガニさん、お腹空いた?とろろ昆布あげようか?」

「ママ!毛ガニさん、今少し動いたよ!」

 

毛ガニが冷凍で届いていると

分かっていたにもかかわらず

 

少し動いたと言われると

驚いて再確認しに行く私。

 

毛ガニだけあって毛の量がとても多く

素手で持つのも結構な痛さ。

そして重い。

 

色んな技を使い

毛ガニと格闘しました。

 

フライパンで代用

蒸し器がなくてもフライパンで代用できると

電話で親から教えてもらい、試しました。

 

フライパンの中に深皿を裏返し

その周りにお湯をはる。

 

裏返した深皿の上に毛ガニを乗せ

火をかけてグツグツしたらいいとのこと。

 

完璧な蒸し器がなくても大丈夫でした。

 

実践

言われた通りに試そうと

毛ガニを深皿に乗せようとしましたが

 

我が子が

「毛ガニさんがかわいそう」と不安定になり

毛ガニをまた別皿へ。

 

話をして時間が経つと落ち着き

 

早速本番。

 

というところで

自分が手を滑らせ毛ガニが床に転落。

もっと可哀想なことをしてしまいました。

 

🦀コマッターイエニーキタモンダー🦀

毛ガニもそう思っていたことでしょう。

 

最後に

改めてカニの茹で方、身のほぐし方を検索し勉強しなおしました。

 

これからまた食べる機会は

なかなかなさそうですが

いざと言うとき分かっているとかっこいいです。

 

↓↓↓

カニの広告がありましたので

貼らせていただきました。

カニもこんなに沢山いると少し怖いです。