脱サラ40歳女!不動産開業ブログ

看護師、子育て、うつ発症、過去の経験や毎日の思いを発信中★不動産会社開業、必ず!

いつもブログを読んでくださる皆様本当にありがとうございます。 感謝の気持ちでいっぱいです。お返しができず大変申し訳ございません。特に何も発信していませんが、Twitterもしております。フォローしていただけると嬉しいです。

お年玉、やめました。『こころ玉』に変えました

私は以前『年賀状じまい』をしたと

投稿しましたが

 

もう1つやめたもの。

 

それは『お年玉』です。

 

格差がありすぎる

私は子供が1人。

私の兄弟の子供は3人。

これは格差がありすぎます。

 

家族同士で話し合い

もう『お年玉』はやめよう。

そうなりました。

 

新しい方針

お互いの家族、新しい方針。

 

それは

『お正月』

『お年玉』

ここにこだわらない。

 

甥と姪に現金の入った『お年玉』というものを手渡しするのではなく

 

とことん一緒に会話し

とことん美味しい食事を一緒に食べ

 

これからのこと。

学校での悩み事。

楽しいと思えること。

分からない勉強を教え合う。

 

色々コミュニケーションを図る。

 

はい!それだけでよし!

 

そうなりました。

 

現在はコロナの影響で会えていませんが。。。

 

『お年玉』気持ちは人それぞれ

御高齢の祖父母様になりますと

お孫さんととことん遊ぶ!なんてことは不可能です。

 

今シジュ―の私でも体力は限界。

思いっきり遊ぶことはできません。

 

遠方で会えないお孫さんに久しぶりに会う。

 

『お正月』と言えば『お年玉』

 

「このお金で好きなものを買って」

 

お孫さんの喜ぶ顔を見るだけで

嬉しいことは間違いありません。

 

そして、そういう時代を生きてこられた。

「新しい考えを取り込むこと」

それは厳しいです。

 

しかしお孫さんの数も徐々に増え、大人数となると

やはり祖父母様の事を考えますと

金額上かなりのストレスではないかと考えます。

 

また、独身のかたが

兄弟や親戚の子供達に

『いつまでお年玉を渡し続けなければならないのか』

これは考えただけで超が付くほどのストレスです。

 

最後に

コロナで職を失ったかたは増え続けています。

 

昔と同じやり方で進むこと

 

それが

良い部分

悪い部分

どちらなのか

 

一度考え

疑問や不安があれば、一度勇気を出して話し合う。

行動する。

 

お年玉だけに限らず

あらゆる面で今、私達に問われているような気がします。